GO FOR IT ~Home Hacker’s Workshop~ レポート

去る2013年11月16,17日にお茶ハウスにて、本プロジェクトとしては第二回ハッカソンとなる「GO FOR IT ~Home Hacker’s Workshop~ レポート」が開催されました。


今回は、ソニー・ソニーCSL・お茶の水女子大学の共催イベントでした。
お茶ハウスはユビキタス実験住宅であり、住環境を対象にした様々な研究がおこなわれています。
様々な機器がプログラムで制御可能になっているので、それらを一部改造してECHONET Liteで動かせるようにしました。
また、今回ソニー本社が多数のXperia、レンズカメラ、モーションカメラ、SmartWatch、パンチルターなどの市販機器を提供し、多数のサポートエンジニアも参加しました。家電量販店などでソニー製機器に触れることはできても、それらを作った本人に会えるというのは学生さんにとってはなかなかない経験だったと思います。ちなみに大和田個人にとっても貴重な経験でした(笑)。学生さんの動機も大変高く、これまでAndroid開発すらやったことがない学生が、機器制御をしてデモまで作るという奇跡のようなことを多数目の当たりにすることができました。

「参台のすゝめ」 by 川内 見作 (優秀賞)


[開発者による説明] 3枚のカメラ付き携帯を用いて三面鏡を作成。表面カメラに映っている映像をそのまま端­末の画面に表示するだけの単純な三面鏡ではなく、各画面に異なる視点から見た映像も映­し出すことができる。今までの三面鏡では頭の後部を見ることが難しいか、または姿勢を­工夫する必要がある。今回開発した三面鏡を使えば後部の映像を顔正面の画面に表示する­ことができるので、後部を見るために姿勢の調整や鏡の位置を工夫する必要がない。
[使用した開発ツール・製品] Xperia Z1 x 参台

「ふぃぎゅ@ホーム」by 徳久 文彬 (優秀賞)


[開発者による説明] 「ふぃぎゅ@ホーム」は”フィギュアになる”ということを目標に開発しました.また,­なるべく多くのガジェットを連携させることに挑戦しました.
自分の分身となるフィギュアの頭部にカメラをとりつけそのカメラの映像をヘッドマウン­トディスプレイに出力することでフィギュアの目線で家を見るアプリを作成しました.
さらに照明を操作するフィギュア用のアプリを作成し,分身のフィギュアとそのフィギュ­アが通信することで家電の操作も実現しました.
[使用した開発ツール・製品] Kadecot JSONP API, DSC-QX10, Xperia Z1, Xperia acro, Oculus Rift

「体重計の新しい使い方」 by 大須賀 和貴、岡本 健司、三橋 喬平、岡 晃平


[開発者による説明] 長続きしにくいダイエット。その中で、誰かと共にダイエットの結果を競い、お互いが対­抗意識を持って行う事でやる気が向上し、ダイエットの継続に繋がるのではないかと考察­した。体重を読み取り保管できる体重計を使い、そこでお互いに勝負を行い、勝敗の結果­を照明を使い表現することとした。勝敗の結果を照明にすることにより、お互いの体重デ­ータもわからないようにし、不快な気持ちにならないように工夫した。
[使用した開発ツール] Withings WiFi Body Scalews30, HiMacroEx

「心拍数防犯システム」 by 市岡 陽子


[開発者による説明] 緊急時に,心拍数の増加を検知して,写真を自動的に撮影し,外部に助けを求めるシステ­ム
[使用した開発ツール・製品] iPhoneとBluetooth心拍計測装置,HDR-AS30VR

「AIR CONTROLL」 by 植田 智明、川崎 泰康、藤井 郁香、横山 諒


[開発者による説明] SmartWatch2、スマートフォンおよび家電の相互通信による家電自動操作アプ­リケーションを製作した。
ユーザはSW2を身に着けるだけで、意識することなく家電を自分好みに操作することが­できる。

初めにユーザはSW2を用いて家電の各種機能を設定する。
サーバとなるスマートフォンがユーザ(SW2)を検出したとき、そのユーザに対応した­設定に家電を自動で操作する。
位置情報が必要な家電の設定には、室内に設置したカメラから人物の位置情報を取得する­ことにより家電を制御する。
[使用した開発ツール・製品] Eclipse, SmartWatch 2, Xperia Z1, Smart Imaging Stand, Air conditioner

「ぱしりん」 by 笹川 真奈 (最優秀賞)


[開発者による説明] 写真撮影者に遠隔から指示を出すシステムです。ユーザーが二人居ることを前提としてい­ます。ユーザー①はXperiaで写真を撮影します。するとユーザー②が所持している­SmartWatch上に写真が表示されます。ユーザー②はSmartWatchを傾­けたりタッチすることによりXperiaの画面上に指示を飛ばします。ユーザー①は画­面上の指示を見て写真を撮り直します。このようにして、ユーザー②は離れていても、ユ­ーザー①が撮った写真を元にユーザー①に、すぐに簡単に指示を出すことができます。
[使用した開発ツール・製品] Xperia Z1(SO-01F), SmartWatch2, Eclipse(AndroidDeveloperTools)

ぱしりんソースコード

「リモートビデオを使った同時撮影」 by 永渕 玲緒菜


[開発者による説明] デジタルHDビデオカメラレコーダーアクションカムと、Xperia内部のカメラを使­ったアプリケーションを開発しました。このアプリは、Xperiaの表示画面でアクシ­ョンカムのカメラ映像とXperiaのカメラ映像を同時に表示させることができ、ボタ­ンひとつで同時撮影が可能です。別々に撮影も可能です。このアプリを使用すれば、多方­面の角度から撮影可能になり、一方のカメラの死角の部分からの撮影ができるので同時刻­にどう写っているかが分かります。
[使用した開発ツール・製品] デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-AS30V, Xperia

「リモートビデオを使った同時撮影」ソースコード

「Kadecot Extension for Snap!」 by 今井 朝貴 (優秀賞)


[開発者による説明] Kadecot(https://kadecot.net/)とSnap!(https://snap.berkeley.edu/)を繋ぐソフトウェアを作成し、実際にそれを使ってちいさなツールを実装した。
そのツール自体は電球の状態を双方向に監視、操作する物である。
[使用した開発ツール・製品] Kadecot, Python, Snap!

「うなボ」 by 大和田 茂 (社会人/審査対象外)


[開発者による説明] うなずきロボット、略して「うなボ」です。
Xperia内蔵マイクとパンチルターを用いて、音声の切れ目で自動的にうなずくロボ­ットです。
[使用した開発ツール・製品] Xperia, パンチルター, Eclipse

うなボソースコード

「電気錠」 by 三浦 翔 (社会人/審査対象外)


[説明] ECHONET Liteプロトコルで動作する電子錠のエミュレータ。
[使用した開発ツール・製品] OpenECHO for Processing, Processing, 萌家電データ

「APIで人生・生活を豊かに!」 by 川下 太郎 (社会人/審査対象外)


※ビデオテープ切れにつき、発表の後半が切れてしまいました…ごめんなさい。
[開発者による説明] Smart Imaging Stand IPT-DS10Mを利用した家庭内でも
ゴルフがいつでもどこでも楽しめるシステム
[使用した開発ツール・製品] Smart Imaging Stand IPT-DS10M, Sony Add-on SDK, Androidアプリ開発向けEclipse

表彰・講評


お茶大椎尾先生による表彰と講評


カテゴリー